ウォーターサバーを衛生面で選べば『Mizの樹』!モノは良いので評判を調べてみた!

最近は、無菌エアーシステムとか抗菌パックとか、衛生面を強調するウォーターサーバーが多くなりました。採水地(RO水ならプラント工場)の放射能検査とかも定期的にやっていたりします。水の安全を考えればこれで十分なのかと思いたくなりますが、実は少し違うようですね!

例えば、これだけウォーターサーバーの会社がある中で飲料水試験・一般細菌試験適合の検査結果書が付いてくるのはMizの樹 口コミだけかもしれません!この一般細菌試験は、ウォーターサーバーの水を提出して検査するもので、水の安全を考えるなら検査をして当然のことだと思います。でも実際は、一般細菌試験の検査結果の提出を求めても出てこないことが多いみたいですね。その中で一般細菌試験適合の検査結果書が出るMizの樹は、好感がもてたりします。

そもそも今ある多くのウォーターサーバーは、細菌や有害物質が溜まりやすい構造ともいわれます。たとえば、ガロンボトルの刺し組み口とかですね!あと貯水タンクの底なども溜まりやすいなんていわれます。その中でMizの樹のウォーターサーバーは、様々な工夫がされているわけです。

水の安全性が高く、メリットがありそうなMizの樹のウォーターサーバーですが、意外とデメリットもあったりします。まず、お試しも含めて、Mizの樹のウォーターサーバーを使う場合、サーバー機器の保証金が必要になります。機種により異なりますが、35000円と50000円の2種類があります。解約する際には、利用分を差し引いて返金されるのですが、初期投資という点では、ちょっと高くなる感じですね!
posted by オーケンウォーター at 12:05 | ウォーターサーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
seo great banner
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。