赤ちゃんの粉ミルクの水は水道水がベスト!ミネラルウォーターを使うなら何がいいか!

今回の福島第一原発事故で一番困ったのが、放射性物質(ヨウ素やセシウム)が水道水から検出されたことに尽きますね。少ないといっても検出されたとなれば、嫌でも気になります。

特に赤ちゃんのいる家庭では、もっと大変かもしれませんが・・・そもそも赤ちゃんの粉ミルクって水道水をい沸騰させて使うことを前提に作られていますからね。しかも赤ちゃんの成長を考えた栄養をバランスよく配合しているわけです。仮にミネラルウォーターを使うと、ミネラル分が余計に加わるわけですから赤ちゃんにも負担になるわけです。だから粉ミルクでは、ミネラルウォーターを使ってはいけませんとアナウンスするんですね。

そこで再注目されているのが、天然水のウォーターサーバーです。これなら赤ちゃんの粉ミルクの水としても使えるそうですから!ちなみにオーケンウォーターが粉ミルクの水に使えるかどうか、サイトには記載が無いんですね。色々調べてみるとオーケンウォーターは軟水なこともあり、粉ミルクにも使えるそうですが・・・せめて公式サイトでも、ちゃんとアナウンスして欲しいところですが!
posted by オーケンウォーター at 14:48 | オーケンウォーター 赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーケンウォーターの放射性物質(ヨウ素、セシウム)の影響は!

今回の福島原発事故で注目されているのがウォーターサーバー!さすがに水道水から放射性物質(ヨウ素、セシウム)が検出されたことは、消費者に与えた影響も小さくない感じです。最近は、水道水の放射性物質についての話題がありませんが、問題ないレベルと判断してもいいのでしょうか?様々な報道を見る限り、少し不安があります。

そのためウォーターサーバー各社では、原水の水質チェック(放射性物質の影響や残留物)について専門機関に検査してもらい、その結果をサイト上で報告しています。『オーケンウォーター MERCY100』も、専門機関で検査した結果『放射性物質は確認されませんでした』との検査結果が出たことを公表しています。

ただ中には、検査していないのか、放射性物質について触れていないウォーターサーバーの会社もあるのですが・・・少し不安ですね。

ただオーケンウォーターの場合、原水が西の方なので安心でもあります。オーケンウォーターの取水は、富士採水地・大分日田採水地・京都採水地の3箇所で、『富士のバナジウム天然水』『大分天領の銘水』『京都丹波の銘水』の3つの水が選べるわけです。

口コミでも評価が高いオーケンウォーターなので、検査結果をしっかり公表しているのは安心感があります。特にオーケンウォーターは、ワンウェイ方式なので空ボトル回収の必要性がありません。空ボトルは、軽くひねると小さくたためて、そのままゴミ(資源ゴミや回収ゴミ)として出すことができます。

実は、ウォーターサーバーを使うとわかりますが、空ボトルの回収って意外と面倒なんですね。保管場所にも困りますから!空になったペットボトルは、そのままゴミとして捨てれる方が便利だったりします。

水道水の安全性を考えればウォーターサーバーを使うことのメリットって小さくないかもしれませんね!
posted by オーケンウォーター at 14:44 | オーケンウォーター 放射性物質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
seo great banner
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。